消費者金融で借りると銀行では融資を受けられなくなる?

消費者金融で借りると銀行では融資を受けられなくなる?

貸金業者からお金を借りる場合の噂はいろいろなものがあります。たとえば、消費者金融審査甘いから借り入れをしている人は銀行のローンに通らなくなるといったものです。では、実際にそのようなことがあるのでしょうか。
まず、銀行はローンの申込者が消費者金融から借り入れをしていることがわかるのかという点についてですが、これははっきりとわかります。なぜかというと、お互いに信用情報会社を利用しているからです。貸金業者に限らず、携帯電話会社や信販会社などを利用してローンを組むと、必ず信用情報会社にそのことが登録されます。ローンサービスを行っている会社は、お互いに客の情報を登録することで、ローンを組んだあとにお金を支払わないような人を排除しているわけです。なので、先に消費者金融を利用している場合は、その利用状況を銀行の担当者が見られるのです。
では、消費者金融の利用歴があると、お金を借りることができなくなってしまうのかという点についてですが、審査で不利になる場合もあります。それは、まだ債務が残っていて、新たに借り入れることで多重債務になってしまう場合です。ただ、既に消費者金融に対して借りたお金をすべて返しているという場合は、当然、借りたお金をきちんと返済できる人間という評価になるので、それほど不利になることはありません。
つまり、どういった貸金業者から借り入れをしたのかということが審査で重要なのではなく、現在の債務状況と、借り入れしているときの状況によって審査内容は変わってくるということになります。

コメントは受け付けていません。